読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワイワイブログ

畢竟独自の見解

ミャンマー滞在記#8

【2月17&18日

パガンにいくためインターン先の業務時間が終了してすぐに車で夜行バス発着場へ向かった。夜の8時半出発だったんだけど、渋滞がひどくて2時間以上前に向かわないと!みたいな感じだった

f:id:godblessme0:20170221185210j:plainこれが乗車したバス。飲み物とかゲーム・音楽等できるテレビが各座席についててやべえくっそ快適やんけこれで1500円くらい?やすっとか思ってたのですが、死ぬほど寒かった。一生乗りたくない(帰りの便でもこれに乗り、熱を出して無事死亡していました。今ようやく回復しこれを書いています)

 

途中20分くらいのパーキング休憩をはさんで午前四時すぎにパガン到着。エリア内に入るために外国人は2000円くらい払わないといけない。資本主義を感じる(?)

一緒に行ったミャンマー人の友人から聞いた話によると、ミャンマーにはカーストっぽい考えが未だ残っていて、パガンの現地人?というかindeginousな人はパガン内のパゴダに奉仕するservantとして、3K的な仕事にしかつくことが出来ないらしい。なので、泊まったホテルで働いているような人は全てパガン外から来た人らしい。なんだかねえ。

 

ともあれ、ホテルに到着後すぐさま電動バイクをレンタルし、朝日を見に行くべく近くのパゴダへ向かった。電動バイクめっちゃおもろい、全然音がしないし

f:id:godblessme0:20170221185308j:plain朝日に合わせて気球が飛んでいてめちゃくちゃきれいだった。なお気球はだいぶ前から事前予約が必須らしく泣く泣くあきらめた

 

f:id:godblessme0:20170221185227j:plain

これは朝ごはん。五人でいったのだけど多すぎるやろ…と思ったら食べた分だけ支払うシステムらしい。残した分はどうなるんだ…でてきた分は…?いや、考えるのはやめよう

というかね、ここで愚痴らせてもらうとミャンマーの飯に完璧に飽きました。お米がおいしくないし油がやばすぎる あと調整豆乳が飲みたい。日本に帰ったら3つくらい一気に飲んじゃおうかな

バガン見どころ | 心のふるさと~いとしのミャンマーへの旅

このブログに紹介があるのだけど、朝日を見るためにのぼったパゴダの名前はシュエ・レイトゥ寺院っぽい。紹介されてる場所のうち3分の2は行ったようです

 

途中なにしたか忘れたけど、とりあえずナッ信仰の聖地とされるポッパ山に向かった。タクシーで一時間くらい?まあまあ遠かった てかナッ信仰ってなんだよ ナッって

f:id:godblessme0:20170221205817j:plain

ラピュタっぽくてかっこよかったです。登ったのですが詳しい写真は帰国後に 

登るには裸足になって階段をハチャメチャにあがる必要があるんですが、お供え用の花とかを売りつけてくる女の人たちのしつこさが尋常じゃない。無視してもめっちゃついてくる。あれはまいった あとポッパ山はサルが大量に住み着いており、そのサルにあげる豆も売りつけてくる サル本当に多くてマジで怖い。油断してると後ろから荷物を奪いに来るレベル(ガチ)

登り終わったあと下のほうでは白人の女の人が買ったばかりのバナナを奪われかけてめちゃくちゃ叫ぶのを目の前でみて爆笑してしまった

 

 

帰りはさっきのブログに紹介があるけど、道の途中にあるヤシ製品が売ってるサービスエリア的な(?)ところに立ち寄ってヤシの実で作った酒を飲まされた あまりおいしくはなかった

f:id:godblessme0:20170221210645j:plainただまあサービスエリア的といっても日本みたいなそれを思い浮かべてはいけない。木で作られた茅葺きの建物で壁はない。周りはほぼほぼ砂漠です。

 

なんかほかにも色々あったような気がするがとりあえずついてから一日はこんなもん